小さな春

  • 2014.03.10 Monday
  • 00:28
 三ヶ月ぶりに休日、ドライブに出た。
12月より、かつてない生活の制限がある中、やっと遠出をしたい気持ちになった。

行き先は西の方面。山口県光市。
行ったことのない土地だったが、先日主人が仕事で行ったとき、
良いところだった・・・ということで、行ってみたいと思っていた。

山陽道を西に向かうとまずは寄りたい所は「宮島SA」
スターバックスコーヒーを買いたかった。(オノボリサンっぽい)
スターバックスというと、アメリカっぽくて好き。
アメリカでみたスターバックスは、珍しくもない、どこにでもあって、
スーパーにもスタバ、飛行機の中もスタバ、スーパーの陳列棚にもスタバ。
大衆コーヒーなんだけど、日本だとおいしいコーヒーの店。
IMAG0701.jpg

ちょっとお昼前で早かったけど、昼食も宮島SAで・・・
ここでは、以前初めて食べた穴子天婦羅が美味しかったので
たぶん、以前食べたのと同じだと思うが注文した。
IMAG0697.jpg

主人は食事制限があるので、あまり食事に関心を示さないように
食べれるメニューから選択して注文。
でも、この天丼はやはり、目の毒だったかな・・・

広島を出て約1時間。東に行くなら福山ってところだろうか・・・
こじんまりした海がみえる町で整備されていて、
海沿いに一直線の道路がずっと続いている
「なんか、この町いいねぇ〜」
通りがかりに冠山公園で梅祭りもやっていた。今は梅のピーク。

IMAG0711.jpg

目的地は特になかったが、かんぽの宿がある高台に上がった。
今日は時折雨も降ってきて、曇っていたため海も綺麗でなかったが、
晴れ間になると海の色のエメラルドグリーンが見えた。
道路から一段上がると、どの家からも海が見える。
新しい家も多く、可愛い南国風の家も多かった。

老後はこんな町に住みたいな・・・という話もしながら、
湾岸は、広島でいうと、音戸の島を走っているときと景色は
似ているが、ここは島ではないので、割と高速までも遠くなく
いいんじゃないの。長閑な町で。
散歩してながら、見つけた小さな春。

IMAG0705.jpg

IMAG0706-1.jpg

IMAG0707-1.jpg

IMAG0709-1.jpg

IMAG0710-1.jpg

IMAG0712-1.jpg

これ、珍しい。かんぽの宿の玄関で。
実がついてる。

IMAG0714.jpg

帰路は、柳井に向かって一般道を走る。
途中、大島の入り口があったので、ちょっと渡ってみた。

IMAG0715.jpg

子供たちが小さい頃、一度つれてきたことがあった。
こんなに橋は長かったか・・・
でも島の風景は昔のままだった。
島というとみかん。
まだ、冬のみかんが売っていたので袋詰めで買って帰った。

あとのお楽しみ

  • 2013.11.23 Saturday
  • 22:51
結婚式の後は、式場の近くのホテルに散在して宿泊した。
次の日に神戸マラソンがあるとのことで、二ヶ月前でもすでにネットでも
予約が取れず、式場の斡旋する旅行会社に頼んだら、
すぐに抑えてくれた。さすがーーーぁ、地元。

私たちと、両親など年寄りは式場から歩いていける距離=海に近かった。
弟家族や息子家族は三宮近くのホテルになった。

ビジネスホテルだが、広島のこの手のビジネスホテルより豪華だった。
少々高かったが、朝食付きでスパ付で大浴場もあったので
宿泊も楽しみにしていた。

主役たちは・・というと、てっきりホテルを取っているのかと思ったら
帰るつもりだったらしく、急遽また、旅行会社に予約を頼んだら
3日前だというのに、メリケンパークやオークラを候補に挙げてきた。
新郎のご家族は、別の旅行会社で
まったく神戸にホテルが取れなかったということで、
大阪まで夜新幹線で戻られて宿泊されたというのに、
新郎もびっくりしていた。
オークラの方が安かったのでこちらに予約。

それが当たりだった。
タクシーで聞いた話だが、神戸で一番のホテルはどこなのかと聞くと、
「ここですよ」とロビー前に止まったホテルオークラ。
東京のあのオークラと同じ系列ですか?と。
そうとは知らず
「イチローが必ずここに宿泊しますよ。
あっ、今日来てるのかな〜彼の車、これと同じだから」
と。ロビー前の駐車場に泊まっている彼と同じ車らしき車を教えてもらった。
それから、娘たちがホテルから出てきて、
「ちょっと、ちょっと、あなたたち、すごくいいホテルに泊まったようよ」
というと、「そうなんよ。ディナーショーにサザンや郷ひろみがあったよ」
婿曰く、「今まで泊まったホテルと全くレベル違います」と。

その後、二次会と称して年寄りと子供たちはおいて三宮あたりに
出かけた。結構な賑わいだった。
結局深夜にホテルにもどったのでスパはクローズ。残念

翌朝、晴天でこの眺め。
神戸駅の目の前。
IMAG0505.jpg

あいにく、海側といっても、少し内陸に入っていたので、建物で
海は見えなかった。
この日は神戸観光のつもりで、ちびっ子たちに行きたいところを聞くと
「買い物ー」って。結局式場の目の前のモザイクで
ショッピングになった。

神戸マラソンもちょうど式場左手から宿泊したホテルまで通行止めになっており、
歩いてモザイクまでやってきた。

昨晩きれいだった観覧車に乗りたいーっ、ということで

IMAG0510.jpg

レンガ倉庫街

IMAG0509.jpg

中央が式場。後ろは「umie」というショッピング街。右側がモザイク

式場に初めて来たときに娘とモザイクに初めて訪れたが、
今回はよくよくみると、結構面白いところだと知った。
神戸タワーも目の前にあり、イベントも色々とあったが、
団体行動なので、結局このモザイク止まりで午前中を過ごしてしまった。

お昼からは、解散し帰路へ

帰ってからのお楽しみは、お土産用に買った引き菓子や
娘の荷物。
購入したベール、ロンググローブ、ドレス用の下着、キャンドル。
宣誓のカードや、両親に向けて述べた言葉の下書きの手紙。
そしてデジカメの確認など
どれも昨日の挙式の感動を思い出させるものだった。

自分には引き出物はないが、娘の結婚式の記念に購入した物
IMAG0528.jpg

1週間経った今日開けた。
IMAG0530.jpg

結構、式場オリジナルという商品が多く、記念品として購入したマグカップ。
お湯を入れると絵が浮き出てくる不思議なコップということで
茶漉しや蓋まで付いているので、いつか使おう〜

そして思いもがけない写真が息子から送付されてきた。

IMG_6418.jpg

きゃーー、かわいいーー。
この帽子、母がひ孫にって、モザイクで買った帽子。
まだ一週間も経っていないのに尾道の息子にどうやって渡ったのか・・・
息子たちは翌日は早々に帰ったので会っていないのに???
たまりません、このつぶらな顔。
式場での、孫のそばにいた私は
まだ5ヶ月なのにかなり重く、式場で用意されたベビーベットから
はみ出しそうなくらい元気に蹴飛ばし暴れて、
ちょっと手に負えないと思わせた孫とは
全く違うこのかわいさ。
あーー、孫バカになってしまうのか・・・・
ついに、携帯の壁紙に設定してしまった。
もちろん、「るいメール」が親族に流れた。

りんくうタウン

  • 2013.10.09 Wednesday
  • 11:14
IMAG0385.jpg
今日は大阪までやってきました。
心配していた台風が通過し、なんとか大阪に着きました。
台風を追いかけてるので、関西は雨が降ってますが、
りんくうタウンまで順調にたどり着いて、スターゲイトホテルで待ち合わせです。
平日ということもあり、客もすくなくロビーでゆっくりできました。

お昼にこのホテルの54Fのレストランで食事をしましたが、
すっごい景色。これには、感動です。
IMAG0386.jpg
りんくうタウンで一番高さがあるホテルらしいのですが、とにかく、すばらしい。
これは、少々食事代も高くても来る価値あり。
しかし、ビィッフェなのでそんなに高くなかったのです。
関空はこの左手になり映っていませんが大阪湾が一望でき天空にいる気分です。
また、台風の去った後なのですばらしい見晴らしです。

同じく近所で撮影した場所。
IMAG0387.jpg
関空に続く橋。
とても日本にいるような景色に感じません。


 

神戸日帰り

  • 2013.09.28 Saturday
  • 13:42
 先週は息子の件で、今週は娘の件で「おばあちゃんと母」をしています。
子供たちは既に巣立ってしまって、ほとんど拘わりがない生活をしているけれど、
既に入籍した娘の結婚式を行うことになり、式場を決めてきた娘と神戸の式場で
打ち合わせをしてきました。

結婚式というと、家庭より親の考え方、子供の考え方が色々あり
一概にどうという決まりはない慣習になってきたように思います。

しかし、私自身は結婚式というのは子供たちだけの都合良い形で
済まされないと思っています。

巣立ってくれることは、喜ばしいことだけと゜「けじめ」というのが必要だと思っています。
親にとって巣立つ子供に「結婚式」という形で「子育て卒業式」だと思っています。
また子供にとっては、「旅立ち門出式」でもあります。

その意味から言うと、自分たちだけの都合の良い「入籍だけ」とか、
「いつかやる」という考えでは、親はどこで節目としたらいいのか、
親戚に対しても、今まで共に慈しんでくれた感謝の気持ちをどう形で現したらいいのか、
きちんと納得できる形になるように話し合わないといけないと子供に言ってきました。

そんなことから、やっと娘達が式を挙げる気持ちになってくれ
昨日は神戸に新幹線で往復です。
平日に仕事を休んでこういったことで動くことも初めてです。
娘が駅まで迎えにきてくれると言いましたが、やんわりと断り、
私は、小さな旅を楽しみたかったので、新神戸から
キョロキョロしながら、時間をかけて式場まで行きました。

予約の時間まで余裕があったので散策。
式場は神戸の浜側「モザイク」の前にあり

IMAG0338.jpg

目の前が観覧車が見えました。

IMAG0337.jpg

すぐ後ろは商業施設ですが、黄色い西洋館のゲストハウスタイプの式場です。
ハーブの庭園に囲まれて、都会の中にポツンと現れたオアシスといった感じです。

IMAG0340.jpg

モザイクの駐車場の建物を通り抜けると、ポートアイランドが目の前に見えました。
円形のホテル「メリケンパーク」と「神戸タワー」がシンボルって印象は
ありましたが、実際この景色を目の前にしたとき、
サンフランシスコのフィッシュマンズワーフに行った時のことを思い出し、
ミニ版かな・・・って感じです。
お天気も良くベンチに座りこの景色に癒されました。

そして、式場の打ち合わせ。
といっても、大まかなことは娘達が見積は取っていましたが、
実際は、お金を出すのは親。
※結局、そうなってしまった現実に・・トホホ
経験のない子供たちは表面だけの事だけで決めてきており、
これからの手順や、親側の立場で配慮しないといけない内容のこと、
料理、時間、参列者の使用する施設の見学、そして費用など細かいことを聞くため、
今日は出向くことになりました。
結局、年寄りにはキツイ日程の結婚式。
夕方からの挙式で当日の最終の新幹線に間に合いません。
次の日が、祭りの手伝いが一日あるだけに、
深夜にバスで帰宅するようになるので
気が重くなります。

しかし、本日の一番の楽しみは

IMAG0343.jpg

ドレス選びです。
多くはないけどやはり目移りします。
本人が着たいドレスと、似合うドレスが違うので、ここは任せておけない面もあります。

半日掛かって、心配なことを色々と聞き、
印刷物などの注文など、親として早くやって欲しいことなどを
直接決めてきました。

終わったのは暗くなってから。
神戸湾の夜景を見ながら娘と別れ、帰路につきました。
週末ということもあり、新幹線は満席で自由席は立ったまま。

はぁーー、疲れました。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM