一生記憶に残る風景

  • 2018.02.03 Saturday
  • 11:21

毎朝、会社でパソコンを立ち上げると

Windowsの自動で出てくるスクリーンセーバー。

綺麗な景色を出してくれます。

 

今朝、ハッきらきらと心が躍る景色を見ました。

いつか見た景色です。

 

ビクスビー クリーク 橋

という場所だったのです。

 

2009.年末から正月休みを利用して

アメリカに初めて行きました。

ロサンゼルス、そして2年後サンフランシスコと

2度アメリカを見ました。

 

その2度の感動は人生のベスト1の想い出です。

 

単独個人旅行。

自分でネットチケットを予約してロサンゼルスへ

その時の緊張感と少しの不安をよく覚えています。

 

9時間位の飛行時間、ユナイテッド航空の一人旅

外国人の中のポツンと1人座席に座り、

英語が飛び交う中、今、私はアメリカに向かっている・・・

 

飛行機がカリフォルニアに近づいた時の感動は忘れることができません。

この地に娘が住んでいたから、会える期待と

東南アジアしか行ったことのない私が

遠く、アメリカ大陸までやってきたのです。

カリフォルニアの空は青く、明るく素晴らしかったです。

 

1度目のアメリカでは、娘の受験する大学の下見もあったので、

多くの観光はできませんでしたが、

卒業する年の2度目のアメリカは

サンフランシスコに降り立ちました。

 

その時に連れて行ってもらった場所。

おとぎの国のような、モントレー&カーメルを見て、

その後、カーメルバイザシーからハーストキャッスルまでの間の

約144キロメートルにわたる国道1号線。

 

道中、電線もなく山を切り開いたまま

道路になってる状態。

台風などがあると、全く通行できない道。

道路際は片方はガードレールもない岸壁。

現在は、やはり自然災害で通行止めになっているとか・・

 

ずっとカリフォルニアの海岸線を走る道路。

まさに、これこそ映画の世界のアメリカの壮大さを感じました。

 

ビクスビー クリーク 橋という名前だったのです。

当時は、どこに連れて行ってくれたのか、あまり地理感もなく、

想い出であんな所に行った〜程度。

 

ビクスビー クリーク 橋・・・・・・ネットからの拝借ですが、

 

この左端の空き地に立ち、この背景の写真を撮ったのです。

1歩踏み外せば、崖の下に落ちるスリルもありました。

 

現代でこんな大きな橋が木造なのですよ。

その驚きは表現できないスケール感でした。

 

このブログにも2009年には書いていると思うので

懐かしく当時の記録を見てみたいと思います。

 

アメリカって凄い。

ヨーロッパには行ったことはありませんが、

アメリカは全てがあるように思います。

アメリカに居れば世界が見える・・・というか、

私は1回でアメリカが好きになりました。

 

カリフォルニアにもう一度行きたいですね。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM