お盆あれから

  • 2016.09.17 Saturday
  • 10:33

あれから、やはり孫の顔を生で見たくて、

急遽、8月24-29日に青森に行きました。

息子の孫は新生児時期を見てなかったので、

孫とは関係なく、生まれたての赤ちゃんを抱きたい!!

という母性本能からでしょうか・・・・

 

チケットを2日前に予約して、なんとか当初考えていた予算で行けそうなので

といって、主人と一緒に行きたかった青森ですが、

主人は仕事で行けなくて、観光もなしの一人旅です。

 

大阪まで新幹線、伊丹空港から青森まで

家を出てから、青森弘前市まで約6時間。

しかし、伊丹空港は初めてでしたが

小型機が多いこと・・・懐かしきプロペラ機です。

台風が太平洋側に接近している時、

伊丹発は、日本海側を飛ぶので、快晴でした。

秋田上空でこれから陸の上に入っていくところです。

 

青森空港から市内に入るまでも、リムジンといえど、一般道走る路線バス。

何もない山の中しばらく走りやっと抜けたと思ったら

奥羽本線の電車がみえ、やっと町。

「ぶらり一人旅」という番組でみたような風景

 

弘前駅まで1時間。まずは予約しておいたビジネスホテルに

チェックインし、スーツケースの半分はお土産や孫の物。

とりあえず、生ものだけを手に持ってホテルからタクシー。

1時間に1本しかないバス。交通の便がとても悪いみたいで、

住民はほとんど車とか・・・

 

グーグルアースで見た娘の住まいの景色をみつけ、

ここです。ここで降ろしてください。・・・

タクシーに乗った時間は10分程度。

訛り言葉が(娘曰く標準語は通じないよ・・・と)半分、通じてない。

玄関開けたら孫を抱いた、1年半ぶりの会う娘が立っていました。

娘は太っているから、その大きな身体に、小さな新生児。

牛のあかちゃん、と言ったら、怒られるかな・・・そのくらい、

小さく感じた孫。まだ生後10日ほどで3

 

約1週間滞在で、家政婦業に徹しました。

毎日、私が送ったバウンサー、乳母車・・・と宅急便で届き、

泣いて抱ける瞬間がとても愛おしく、癒やしの日々でした。

さすがに終盤、せっかく青森まで来て何も見れないのも

残念なので、娘から外出許可が出たので、弘前駅からは

市内巡回バスに乗り弘前城まで。

観光自転車を借りて、市内をぐるっと。

見たかった岩木山。

いろんな場所で見れましたが、一度も雲がきれてくれませんでした。

岩木山は、恥ずかしがりの山・・だそうです。

富士山に本当に良く似ています。

買い物がてら、娘の家の近くの高台の道路から・・・

弘前市は、岩手山、白根山、八甲田山とぐるっと囲まれた町で

自転車で一周しても回れるくらいの狭い市街地だとか。

 

弘前公園の中からみた岩木山

マンツーマンでボランティアガイドさん付きで

1時間ほど散策。お堀に蓮の花が咲いてます。

弘前城前の岩木山

 

青森空港に向かう途中の郊外からみた岩木山

 

この突然の青森行きから、9月に入り

広島県からあちらこちら、出て行く機会がありました。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM