北海道旅行記3

  • 2015.10.08 Thursday
  • 18:49
本当の一番のハイライトと言って良い程の見たかった所。

美瑛の風景を見たいと思ったキッカケは
6月頃みた映画「愛を積むひと」。
リタイアした夫婦、樋口可南子と佐藤浩市が都会から
美瑛に移住してきたドラマ。

妻の夢で、石垣を作ること・・・それを夫が作業します。
しかし、最初は乗り気でなかった夫もアルバイトの若い子と
一緒に1つずつ石を積み上げていく中で、
妻が急死してしまって、残りの石垣を
バイトの男の子と仕上げていく・・・
その中で、家から見る美瑛の風景がとても美しく、
できることなら、その風景を見たかったのです。
でも、見れればいいな〜という程度で、大きく期待はしていませんでした。

しかし、美瑛といえばこうして、地図に示せない農道、畑なので
地図をみてもよく分からないところなので、
観光地になっている「マイルドセブンの木」の近くのどこか・・・と
いう程度しか分からないのです。
もちろんガイドブックにも掲載されてなく、
唯一、美瑛のHPにロケ地ということで案内されていました。
私有地ということで、敷地に入るのは禁止ともかいてありました。

その漠然とした地図を頼りに、農道を走り・・・

思わぬ迷った道で、ガイドブックにある茶屋を見つけ、
トイレを借りるためにソフトクリームで休憩。


トウモロコシ畑がいっぱいです。

だんだん地図に近づくと舗装されていない農道に何台か
車が止まっている・・・となると、みんなカメラをもってパシャパシャ。
何か、あるぞーーーっと。

マイルドセブンの木

確か、この近くに「愛を積むひと」の家があるんだけど・・・と
パノラマ景色をキョロキョロ見渡すと、丘の上に
赤い屋根の家がポツン!
えっ、あの家、似ている・・・と、道はないので、入り口となる道を
ぐるーーっと回って探すと、あった!小さな看板

この家の建った丘には外には何もなく、
看板のある空き地に車が何台か止まって
数人の人とすれ違い・・・
間違いない、ここだーーと、入り口を作るために
切り開かれたような草むらの砂利道を歩くこと、5分。
※夜は絶対歩けそうにないです。動物が出てきそう

空き地を歩いて、ついに出会えました。
そうそう、この家です。
ここから見たかった景色。




ここ、うちの別荘です。と言うようなツーショット。

美瑛だけで、満腹です。



 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM