芸北へ

  • 2014.07.23 Wednesday
  • 13:42
3連休の最終日、県北へドライブした。
私的には広島でちょっと珍しい景色というと、スキー場の景色。
夏はゴルフ場みたいに山頂から山裾までが、一部分芝生を敷き詰めたように美しいと思う。
西日本でスキー場と海の両方ある広島県は珍しいと聞いたことがある。
確かにスキー場は高い山と寒さが必要だから、中国山地はそれだけ厳しい山ということなのか。

目指すは安芸高田市の八幡高原。
​〜ブナの原生林が生い茂る臥龍山や八幡湿原のある芸北八幡高原、
5月下旬から6月上旬にはカキツバタの花が紫の絨毯のように咲き誇る〜

というガイドブック案内を見て、まだ踏み入れていない場所。
といえ、ナビを見ると戸河内ICから三段峡〜
三段峡や××スキー場あたりはいったことあるな・・・と思いつつ、
戸河内IC降りると、「来夢とごうち」道の駅に到着。
191号線にあり車も多い。
道路を挟んで右はJA、セブンイレブン、ショップ。
左は観光案内所や販売所等々。野菜、花、食事、ジュンテンドウ。
ここは戸河内で一番の人が集まるところでしょう。


このソフトクリームは、セルフです。
珍しい「サクラ」ソフトクリームを食した。
ちょっとスーパーより高めの「ゆでとうもろこし」も食べてみた。
やはり新鮮さもあり甘い。

191号を走り、「あじさいロード」
ずっと、あじさいが咲いていて綺麗だった。
ちょっとの区間かと思えば、三段峡、深入山の案内のある間、
随分長い距離、あじさいが見れた。

やっと八幡高原をナビに案内させて、着いたところが「かりお茶屋」。
ここで、手打ちそばの昼食。大繁盛だった。
また、八幡高原自然展示館と観光案内所がある。


芸北の民家の展示。昔の茅葺きの家は涼しい。
ここで、よっこらしょ。と縁側で休憩。

ここから八幡湿原に出発した。観光案内所で地図を説明してもらったが
迷走し、湿原は見れなかったが、
遊歩道に入り歩いてみた景色。


こんな木道に憧れて入り込んだが、このまま行くと
明日の新聞に「高齢者行方不明」とか「熊に襲われる」とか
出てしまいそう。(笑
「へびに注意」「熊に注意」とも書かれている。
毒虫に足を刺されたら大変。
と、諦め引っ返す。
ガイドブックよると、カキツバタが夏の湿原にきれいに咲く。というような
案内にひかれて来たが、梅雨に時期にたくさん咲いたそうだ
わずかに残っていたカキツバタを遠くに見る。

本当はこんな花。

「あやめ」と似ていますね。

遊歩道から道路に出てみると方向が分からなくなり、
反対方向に歩いていた。そんなに歩き回ったとは思えないのに、駐車場にたどり着かない。
そんなとき、GPSで確認。やはり間違えていた。
随分、歩いたので疲れてしまった。

帰路に「深入山グリーンシャワーオートキャンプ場」に入ってみる。



すぐ届くような山。とても綺麗で上ってみたい。
今の体力では無理だが、いつかハイキングしてみたい。
長閑な田園の景色が美しかった。

これがこんな作品になった。

素敵な暑中見舞いはがきに変身。














 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM